ども!!

しゃもです^^

 

 

僕は初めて仕入をする前に

【モノレートの勉強】をがっつりしました。

その甲斐もあり、今でも稼ぎ続けることが出来ています。

 

 

【モノレートを制するものがせどりを制する】

 

と言っても過言ではありません!!

 

今回はモノレートの基本的な見方・使い方を知り

あなたの仕入力を高めて行きましょう!!

 

追記:かなり真面目に書いたので長くなりましたが

これを見て実践するだけでも月商100万円の壁は超えられるようになるはずです。

モノレートの見方は一朝一夕には身につきません。

何度も見返してあなたの仕入力に役立てば幸いです。

 

 

ひよっこひよっこ

ゆっくりしていってね!!

 

 

モノレートの基本的な使い方

モノレートの基本的な使い方はとてもシンプルで

Amazonの商品検索と似ています。

大事なのは見方になります。

 

まずモノレートのサイトにアクセスします。

 

検索するキーワードは

・気になる言葉

・ASIN

・JANコード

で検索すれば、商品が出てきます。

 

 

JANコードで検索した場合は

Amazonのカタログで登録されているJANコードが

同じ物が表示されます。

 

モノレートの基本的な見方

◯モノレートとは・・・

モノレートは

・最安値

・出品者数

・ランキング

の推移を表したグラフです。

 

【いつの時期にどれくらい出品者がいて

ランキングがどう動いたか?】

を知ることが出来ます。

 

◯基本は3ヶ月で見る

扱うカテゴリやせどりスタイルにもよりますが

僕は基本的に3ヶ月でモノレートを見ます。

 

【見ます。】と言っていますが

どこを見るかと言うと・・・

 

◯ランキングが動いているかどうか

◯どの値段の時にランキングが動いているか

◯モノレートユーザーはどれくらいか

◯Amazon本体は出品しているか

を、主に見ています。

 

このあたりは後ほど動画でも解説していきます。

 

モノレートで適正価格を見極める

適正価格というと難しい感じがしますね・・・

もっと小難しく言うと、需要と供給のバランスです。

 

ただ、簡単に言ってしまえば

売れる価格かどうかを見極めれば良いです。

 

例えばこの商品

2017年10月〜2018年3月までのグラフだと・・・

 

 

2017年の10月頃では3510円で販売され

ランキングが動いていたことから売れたことがわかります。

 

3510円なら売れる(=需要がある=適正価格)ということですね。

 

しかし

 

それ以降は9800円が最安値(出品者の中で一番安い価格)になっています。

 

 

『秋には3510円で売っていたものが

冬には9800円になっていたら・・・』

 

買う側としては高いと感じますよね。

その結果、売れなくなってしまっています。

 

9800円だと売れない(=需要がない=適正価格ではない)ということがわかります。

 

 



 

 

ひよっこひよっこ

仮にこの商品がお店で4000円で売っていたなら?

 

 

仮にこの商品が2018年1月に

お店で4000円で売っていたのを見つけたとします。

 

適正価格がわからないと

『お!9800円が最安値だ!利益が出る!』

思ってしまいますね。

 

 

 

でも、適正価格(売れる価格)がわかれば

『今の最安値は9800円だけど、実際に売れるのは3510円だなぁ』

というのがわかり、無駄な仕入れをしなくても済むようになります。

 

 

しゃもしゃも

現状価格で利益が出るかどうかではなく

きちっとランキングが動いている時の価格で利益が出るかどうかを見ましょう!

 

 

モノレート:売れた数はランキングで見る!!

◯ランキングの谷=売れた数

商品が売れているかどうかは

ランキングの谷の数で判断します。

 

谷とは、グラフがガクっと下がっている所のことで

画像の赤丸で囲った所です。

 

 

この商品だと3ヶ月のグラフで

約18回のランキンググラフの谷があります。

 

ということは・・・?

 

3ヶ月=18個売れた

1ヶ月=6個売れる

 

と仮説を立てることができます。

これと合わせて適正価格であるかどうかを見極めつつ

1ヶ月分売れる個数を判断し、仕入をしていきます。

 

 

◯ハイランク商品=谷以上に売れている可能性大

先ほどははっきりと谷がわかるグラフでしたが

ハイランク(売れている個数が多く、ランキングが高い)商品は

谷の数以上に販売されている可能性があります。

 

例えばこちらの商品

 

赤枠で囲った部分を見てください。

細かなギザギザがたくさんありますが

これら全てが売れているデータです。

 

そしてもう一つこの手のデータで大切なことは

 

【1個売れても10個まとめ買いでも

谷の数は1つで表されている】

 

ということを覚えておいてください。

 

 

 

ひよっこひよっこ

え…..なになになになにどういうこと?!?!

なんか急に上級者の話ししてない?!?!

意地悪もいい加減にしてよ!!

 

 

しゃもしゃも

こればっかりは慣れも必要だね〜…

とにかく、この手のグラフで利益が出るなら

かなりの数を買っても1ヶ月で売れる

と思っておいてくれれば良いよ!

 

ちなみにこの商品で利益が出るなら

僕は100個単位でまとめて仕入れをするよ!

 

 

 

モノレートユーザーって何?

◯モノレートユーザーとは

最安値・出品者数・ランキングの推移を見れるのがモノレートですが

一部の商品には「モノレートユーザー」という名目のグラフもあります。

 

モノレートユーザーとは、例えば商品Aというのがあったとして

「モノレートを使って商品Aを見た人の人数」を表しています。

 

つまり、注目度が高いか低いかがわかるということです。

 

一見利益が出る商品でも

直近のモノレートユーザーが多いと

出品者が一気に増えて値下がりする可能性があります。

 

モノレートユーザーが表示されている商品は

その点も注意して見るようにしてください。

 

 

◯最安値・出品者数・ランキング・モノレートユーザーの関係性

今までの記事の内容も含めて

動画にて解説をしています。

 

 

 

しっかりと復習して今後の仕入に活かしてくださいね!

 

 

モノレート:見れない / アクセスが出来ない原因は?

 

ひよっこひよっこ

あれ?モノレートいっぱい見て勉強しようとしたら

モノレートが見れなくなってるよ?

 

 

番外にはなりますが、モノレートが見れなくなる時があります。

仕入の要となるモノレートなので

見れなくなっては仕入判断ができないに等しいです。

 

モノレートが見れなくなる原因としては・・・

◯モノレートにアクセスしすぎる

◯Excelなどでリンクを使ってモノレートに飛ぶ

ということをすると、モノレートが見れなくなる場合があるようです。

 

 

モノレートが見れなくなった場合の解決策

◯時間を置く

◯IPアドレスを変える

Keepaグラフで見る

という解決策があります。

 

時間を置けば解決しますが、その時間がもったいない。

IPアドレスの変更は…実は僕もよくわかっていません。笑

 

なので、Keepaグラフで見るというのが一番早いと思われます。

 

Keepaへはこちらから移動してください。

 

 

モノレートに飛べる拡張機能はこれ!

商品を探していたり、気になったキーワードが出てきた時に

『すぐにモノレートで確認したい!』という時があります。

 

そんな気持ちに応えられる拡張機能を3つだけご紹介します。

どれも使ったことがありますが、僕のおすすめはモノサーチです。笑

 

 

Simple = Select + Search

キーワードを範囲選択し

右クリックでモノレートを始め各種サービスへ飛ばします。

画像クリックで拡張機能導入ページへジャンプ!

 

 

 

 

 

 

 

モノサーチ

範囲選択したキーワードを

各種リンクボタンを押すだけでリンクに飛ぶことができます。

画像クリックで拡張機能導入ページへジャンプ!

 

 

 

 

 

 

 

ショッピングリサーチャー

Amazonで商品一覧ページに

各種リンクへ飛べるショートカットボタンが出てきます。

画像クリックで拡張機能導入ページへジャンプ!

 

 

 

 

 

※ショッピングリサーチャーは無料版と有料版があります。

僕は無料版のみで十分な機能だと思います。

有料版への切り替えはご自身の判断で行ってください。

 

 

モノレートに飛べるアプリはこれ!

仕入ツールとしてモノレートと相性がいいアプリも紹介します。

モノレートに飛びやすく、すぐに商品の仕入判断ができますよ!

アマコード

無料アプリながら損益分岐点の誤差が少なく

出品不可商品かどうかの判断も付いているなど

無料とは思えないくらい高機能のアプリです。

 

Android版・App Store版のどちらもあるのも魅力的です。

 

 

 

 

 

 

Android版はこちら

App Store版はこちら

 

 

 

せどりすとプレミアム

有料の仕入アプリなら間違いなくこれです。

キーワード検索・複数商品検索・関連商品検索・カスタムボタン

一括出品設定・SKU設定・コメント設定

これでもまだほんの一例で、使えば使うほど機能性の高さがわかるアプリです。

 

せどりすとプレミアムはApp Store版しかありませんが

Androidから乗り換えて使う人もいるほどです。

 

 

 

 

 

 

ツールの利用にはホームページで事前に決済が必要です。

せどりすとプレミアムホームページはこちら

 

 

まとめ

モノレートはせどりをするなら必ず通る道です。

改めて基本をおさらいすると

 

◯3ヶ月のグラフで判断

◯谷の数=売れた数(ハイランクは違う)

◯適正価格を知れる

◯1ヶ月で売れる分の仕入を!

 

というのが主なトピックでした。

 

この勉強をしっかりとしておくだけで

月商100万円は必ず達成できます。

 

逆に言えば、モノレートも読まずに仕入れるのは

ギャンブルと一緒です。

 

しっかりと復習して

仕入れ判断力を高めてくださいね!

The following two tabs change content below.

shamo3

・2016年12月、借金のある状態でせどりをスタートし、開始4ヶ月で月商100万円達成! 同時期に【札幌せどりアカデミー】を開校、指導実績17名。 ラクにソク結果が出るノウハウをあなたにお伝えしていきますねー!